第2話

2012年01月14日

鷲宮・幸手ものがたり『さくらみや・めもり~ず』第2話-5

みそら顔みそら「まず、コレをこんなにした誰かって誰?」



くじら顔ひな兄「俺コレ扱いっすかw」



かぐら顔2かぐら「それが…わからないのです。ひとのねがいをかなえるほどの…」



みそら顔みそら「あ、ちょっと待って!」



かぐら顔2かぐら「?」



みそら顔みそら「このまま続けると読者が読みにくくて仕方ないわ。こっちで変換する」



かぐら顔2かぐら「…??」



ひな顔ひな「何を訳の分からない事を…」



くじら顔ひな兄「コイツはこーいうヤツだよ」



みそら顔みそら「…おっけー。続けて」



かぐら顔2かぐら「は、はい。えっと…人の願いを叶えるほどの力をお持ちの方であればわたくしも認知しているはずなのですが、それらしき方がいらっしゃらないのです」


くじら顔ひな兄「なんだってさ。お前らくらいの女の子っぽい声が聞こえた気がしたんだけど、どういうわけかはっきり思い出せねーんだ」


はるか顔はるか「はぁ…」



くじら顔ひな兄「記憶操作ってヤツ?よく知らねーけどさ。まぁ、なんつーか…」



なつき顔なつき「?何?」



くじら顔ひな兄「…いや、なんかすげー懐かしいってか、他人って感じの声じゃなかった。…ような」



ひな顔ひな「はっきりしないわね」



くじら顔ひな兄「しょーがねーだろ。なんかその辺だけ頭の中にモヤがかかってんだよ」



はるか顔はるか「何らかの理由で正体を悟られたくないのかもしれませんね」



くじら顔ひな兄「うーん…」



みそら顔みそら「とりあえず正体不明ってことね。そこが分かってればかぐらちゃんを通じて話できるのかなと思ったけど、そういうわけにもいかないみたいね」


かぐら顔2かぐら「はい…お力になれず申し訳ございません…」



みそら顔みそら「あー、いいのいいの。気にしないでって。それより次なんだけど…」




つづく


『さくらみや・めもり~ず』トップページ

skkblog at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月20日

鷲宮・幸手ものがたり『さくらみや・めもり~ず』第2話-4

かぐら顔2かぐら「…というわけでございます」



みそら顔みそら「……へっ?今の間何!?説明は!!?」



なつき顔なつき「もー、今度は起きてるフリして寝てたんですかー…?」



みそら顔みそら「いやいやいや、明らかに誰かスキップボタン押したっしょこれ!」



はるか顔はるか「…?何言ってるんですか?」



くじら顔ひな兄「あー、コイツたまに意識が別の世界にすっとんでくことがあるからなぁ。まぁ気にするな」



みそら顔みそら「ふ、不遇だ…」



ひな顔ひな「…つまり、神社の神様の誰かがお兄ちゃんのお願いを叶えようとしたけど、力が足りなかったらしくこんな姿になって」


はるか顔はるか「元に戻すにはこの辺りの土地の力を集める必要があって」



なつき顔なつき「ぐぅちゃんはそのために実体化した神様のひとり…と」



かぐら顔2かぐら「さようでございます。あらためまして…わたくし『催馬かぐら』ともうします。なまえのとおり、このわしのみやにつたわる『土師一流催馬楽神楽(はじいちりゅうさいばらかぐら)』をつかさどるものでございます(ぺこっ)」

はるか顔はるか「神楽って神様に奉納するためのものだよね?その神様って…何か変な感じ(苦笑)」



かぐら顔2かぐら「『やおよろず』とけいようされるように、あらゆるものにわたくしのようなそんざいはやどっておりますよ」


なつき顔なつき「へ~。やっぱりそういうものなんだね」



みそら顔みそら「……あ~、ようやく飲み込めてきた…」



くじら顔ひな兄「おかえり」



みそら顔みそら「ったく、いきなりファンタジー要素なんて入れてくるからいけないのよ、もう!」



くじら顔ひな兄「…お前さ、意外と順応力ないよな」



みそら顔みそら「アンタらがありすぎなんだっつーの!…はぁ。えーと…かぐらちゃん?」



かぐら顔2かぐら「はい?」



みそら顔みそら「いくつか聞きたいんだけど、いいかな?」



かぐら顔2かぐら「あ、はい。どうぞ」




つづく


『さくらみや・めもり~ず』トップページ

skkblog at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月11日

鷲宮・幸手ものがたり『さくらみや・めもり~ず』第2話-3

くじら紹介用










かぐら顔2かぐら「このかたがさきほどおっしゃっていまして」



くじら顔???「……」



はるか顔はるか「?なんですかこれ?…鯨っぽいですね」



みそら顔みそら「かたっていうか、これはモノじゃ…」



くじら顔???「はろー」



なつき顔ひな顔はるか顔みそら顔一同「!?」



みそら顔みそら「こいつ…しゃべるぞ!!」



なつき顔なつき「わー、かわいーっ!」



くじら顔???「おー、はるかもいるのか。久しぶりだな、みんな」



はるか顔はるか「え…?失礼ですけど私、鯨さんにお知り合いは…」



みそら顔みそら「いや、誰だっていないっしょw」



なつき顔なつき「あれ、この声どこかで…」



ひな顔ひな「まさか………お兄ちゃんなの?」



くじら顔ひな兄「ぴんぽーん。さすが妹は察しが早いなぁ」



なつき顔なつき「えっ、おにいちゃん!?」



はるか顔はるか「あ…鷲生先輩の…!」



みそら顔みそら「ちょっとアンタ、今度は何やらかしたの…っつーかこれって…え?どゆこと?」



くじら顔ひな兄「いやね、ぶっちゃけ俺自身も若干パニクってる部分もあるんだけどね」



かぐら顔2かぐら「そちらにつきましては、わたくしがごせつめいいたします。…こほん」




つづく


『さくらみや・めもり~ず』トップページ



skkblog at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月26日

鷲宮・幸手ものがたり『さくらみや・めもり~ず』第2話-2

~神楽奉納終了~


なつき顔なつき「パチパチパチ…!う~ん、凄かったね~。みそらさ……」



みそら顔みそら「……ぐごーっ……」



なつき顔なつき「…へんじがない。ただのしかばねのようだ」



ひな顔ひな「このだらしない格好にいびき、どこの酔っ払いよ…」



はるか顔はるか「あ、さっきの子が出てきましたよ!」



みそら顔みそら「うぇっ!?どこどこ!?」



ひな顔ひな「………」




……


なつき顔なつき「こんにちは。さっきおねーちゃんの神楽観てたけど、すごく上手だったよ~。わたし感動しちゃった!」


かぐら顔2???「こんにちは(ペコッ)。おほめのことば、ありがとうございます。たいへんきょうしゅくでございます…」


みそら顔みそら「!?」



はるか顔はるか「わぁ、難しい言葉いっぱい知ってるんだね~。お姉ちゃんびっくりしちゃった。このお神楽もたくさん練習したの?」


かぐら顔2???「はい。かみさまにほうのうするためのだいじなぎしきですので、けっしてそそうのないよう、ふだんのふるまいやれいせつからしっかりとれんしゅうしております」


みそら顔みそら「!!?」



ひな顔ひな「あなた、この子の爪の垢でも煎じて飲ませて貰ったらどう?」



なつき顔なつき「なんだか余計に興味湧いてきちゃったな…。おねーちゃん、お名前は?」



かぐら顔2かぐら「あ…もうしおくれましてたいへんもうしわけございませんでした。ぐぅ……(プルプル)、わたくし『催馬(さいば)かぐら』ともうします。いごおみしりおきのほど、よろしくおねがいいたします』


みそら顔みそら「おおお……なんかじんましんできてきたんだけど…」



ひな顔ひな「知らないわよ」



なつき顔なつき「かぐらちゃん、だね。こちらこそどうぞよろしくお願いします。わたしはね…」



かぐら顔2かぐら「…もしかして、さくらみや、なつきさんでいらっしゃいますでしょうか?」



なつき顔なつき「…え?確かにそうだけど…前に会ったことあったかな?」



かぐら顔2かぐら「いえ、ほんじつがはじめてでございます。…たいへんしつれいいたしました。しょうしょうおどろかれるかもしれませんが、じつは…」


なつき顔なつき「……?」




つづく


『さくらみや・めもり~ず』トップページ

skkblog at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月19日

鷲宮・幸手ものがたり『さくらみや・めもり~ず』第2話-1

~改めて4月10日、鷲宮神社春季祭~

なつき顔なつき「それにしても、ひなちゃんよく来たね。いつもはみんなと集まるような誘いって断るのに」



ひな顔ひな「それは…」



みそら顔みそら「愛しのお兄様が待ってるからでしょ。ひゅーひゅー」





バシッ


みそら顔みそら「いったぁ!」←どつかれた



ひな顔ひな「心配しちゃいけないの?あんなのでも一応は家族なんだから…」



なつき顔なつき「…うん、そうだね」



みそら顔みそら「…うん、そうだね」



ひな顔ひな「……もう一度いきましょうか?」



みそら顔みそら「ちょちょちょい!なんであたしだけ見んの!?」




……


なつき顔なつき「それにしても何か人が多いような…あ、見て見て。神楽やってるよ!」



みそら顔みそら「おお、やっぱり本物は見応えがあるわね。身が引き締まるというか」



ひな顔ひな「…嘘おっしゃい」



みそら顔みそら「うっさい!あたしだって真面目に感動する時くらいあるわよ!」



はるか顔はるか「…あのツインテールの子、凄く上手じゃないですか?舞い慣れてるというか、素人目にもはっきり分かるくらい…」


なつき顔なつき「…そうだね…。確かに、見てると何か悪いものがどんどん落ちていくような感じがするよ…」


かぐら顔2???「……!」



はるか顔はるか「あ、目が合っ…」



かぐら顔2???「……(にこっ)」



なつき顔なつき「ふああ~っ、かわいい~~っ!!」



みそら顔みそら「あたしの目に狂いがなければ、アレは間違いなく100年に1人の逸材ね」



はるか顔はるか「はぁ…」



みそら顔みそら「将来は相当な美人になると見た…!ま、あたしには劣るけど」



ひな顔ひな「……」



みそら顔みそら「…何よその目は?」



ひな顔ひな「別に…」



なつき顔なつき「ねえねえ、終わったら話しかけてみようよ。わたしちょっと興味あるな」



みそら顔みそら「そうね。少しくらいなら迷惑にはならないでしょ。アイツもまだ来てないみたいだし、せっかくだだからこのまま神楽観よっか」


はるか顔はるか「はい!」




つづく


『さくらみや・めもり~ず』トップページ



skkblog at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)